AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告 AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告
インフォメーション
@企業と広告とは
購読お申し込み
資料請求
会社概要
コピーライト/
プライバシーポリシー
ビジネスお役立ち情報
テレビスポット天気予報
民放各社系列別
テレビネットワーク図
年齢早見換算表
単位換算表
景品規制ガイド
お役立ちリンク集
週間視聴率ランキング
関東地区
テレビスポット天気予報
食品 原材料高は,各社のマーケティング施策にも影響しており,全般的に出稿量は控えめ。日清食品,ハウス食品などには動きがありそう。新キャンペーンを計画している社もあるようだ。
秋冬新商品の提案は年々早まっており,早いところでは下旬から鍋物調味料の出稿が始まる。
飲料・嗜好品 ビールメーカーの出稿は上期末の6月まででほぼ一段落し,8月も前年を上回る出稿を続けているのはアサヒビールにとどまる見通し。キリンやサントリーの出稿規模は前年ほどではなさそう。
清涼飲料はコカ・コーラの動きが鈍い。各社の缶コーヒーの出稿も前年に比べて少なめか。
家電・AV・自動車 自動車は業種全体では好調となっている。
6月にまとまった規模で出稿したスズキは,その後も勢いが継続しており,当月も前年超の見通し。これに続いてダイハツも出てくるようだ。ホンダは企業広告を中心に,車両の出稿もありそう。
トヨタや日産,三菱自動車の動きも期待。
薬品・化粧品・
トイレタリー
花王は前年並みか。4月以降にほとんど動きがなかったP&Gは出稿が戻りつつあるが,前年との比較では規模は小さめ。広告強化の姿勢をみせているファンケルに動きがある。
薬品では,アリナミン製薬に動きがあるようだ。
小林製薬や池田模範堂も出てくる見通し。
流通・外食・
ファッション
ピザチェーンの出稿量はおおむね前年と変わらない水準の見通し。マクドナルドは引き続き出ており,同社以外にも夏場にあわせたメニューの提案で外食各社に動きがある。
ファンション関連は,ラグジュアリーブランドの名前もあがっている。ECサイトの出稿に期待。
金融・不動産 夏場のプロモーション施策として「ペイペイジャンボ」を展開しているPayPayは,7月に続いて投下がある見込み。
損保企業では,まとまった規模の出稿もありそう。
このほかカード会社の出稿もあるようで,金融は業種全体ではおおむね堅調となっている。
情報・通信 ここしばらく前年を上回る出稿をしてきたアマゾンは,当月も動きこそあるものの,前年に比べるとやや控えめ。
大規模な出稿がありそうなのはグーグル。一方で,通信関連はおしなべて低調で,ドコモやソフトバンク,楽天,LINEなどは軒並み前年に届かないもよう。
交通・趣味・レジャー スマホ向けゲームは濃淡がある。テンセントゲームズやリバーゲームなど中国系企業が出稿。国内ではガンホーやミクシィ,スクエニ。全体では前年割れか。電子コミックではアムタスなど。
映画は前年よりも好調で,東宝東和やソニーピクチャーズが出稿。レジャーはUSJに動き。
官公庁・団体・その他 リクルートの出稿は引き続き大きく,前年との比較でも最近と同程度の増加幅となる見通し。
人材関連ではIndeed Japanやディップ,パーソルキャリアといった銘柄もあがっている。
新米や新ブランド米,特産品をアピールする地方自治体の出稿もみられる。

戻る
Copyright(C) channel Inc. All rights reserved.