AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告 AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告
インフォメーション
@企業と広告とは
購読お申し込み
資料請求
会社概要
コピーライト/
プライバシーポリシー
ビジネスお役立ち情報
テレビスポット天気予報
民放各社系列別
テレビネットワーク図
年齢早見換算表
単位換算表
景品規制ガイド
お役立ちリンク集
利用規約
第1条(定義)
この利用規約においては、以下のとおりの略称をもって表記します。
(1) 「本規約」とは、この利用規約全体のことを言います。
(2) 「チャネル」とは、株式会社チャネルのことを言います。
(3) 「本サービス」とは、チャネルが提供する情報提供サービス「日刊 企業と広告 インターネットサービス」のことを言います。
(4) 「会員」とは、本サービスの利用をチャネルが承諾した者を言います。
(5) 「ID等」とは、チャネルが本サービス利用のために会員に貸与したID番号、パスワードなどのことを言います。

第2条(合意)
本規約は、本サービス利用に関して、チャネルと会員(利用申込が不承諾の場合は会員とならない利用申込者も必要の範囲で含みます)との間の一切の法律関係を定めるものです。したがって、会員は、本規約を確認の上、すべてに合意していることが、本サービスを利用する上での前提となります。

第3条(本規約の制定、範囲及び変更)
本規約はチャネルが制定し、本サービス開始とともに発効し、チャネルと会員との間の法律関係を定めます。
 本規約以外に、別途個別の利用規程が本サービスに関しチャネルにより定められている場合は、それらの規程も本規約の一部をなし、本規約と同様にチャネルと会員との間の法律関係を定めます。本規約と個別の規程が内容的に異なる場合は、個別の規程が優先します。
 チャネルは、本規約及び個別規程の制定や変更について、会員に対し、本サービスにおけるホームページ上で発表するか、あるいは、電子メール、郵便、FAX等の手段で個別に通知するかします。これらの制定及び変更は、会員への発表あるいは通知から相当期間経過後に発効し、以後チャネルと会員との間の法律関係を定めます。相当期間は、個々の場合に応じてチャネルが定めることができます。
「会員」とは、本サービスの利用をチャネルが承諾した者を言います。

第4条(入会)
 本サービスを利用しようとする者、すなわち会員となろうとする者は、チャネルが別途定める方法に従って、本サービスの利用を申し込みます。チャネルは、利用申込に対し、必要な審査をおこなった上で、これを承諾します。チャネルの判断により、承諾しない場合があること及び不承諾の理由は開示されないことを、利用申込者は予め了解の上、本サービスへの申し込みをするものとします。
 チャネルが利用申込を承諾した場合、チャネルは、申込者に対し、本サービス利用のためのID等を貸与し、そのことを通知します。この通知により、申込者は会員となり、本サービスを利用する資格を得ます。
 チャネルは、申込者に対し、申込者が会員となる前に本サービスの一部を暫定的に利用させることがあります。しかし、この暫定的利用は、チャネルが申込者を会員と認めたことを意味するものではありません。また、この暫定的利用の場合も、会員に準じて利用料金の支払い義務が申込者に生じます。

第5条(ID等)
 ID等は、チャネルが指定し、会員はそれ以外のID等を使うことができません。また、申込時に登録された者のみが、チャネルに指定されたID等を使用することができ、それ以外の者にID等を使用させたり、ID等を譲渡、貸与、質入するなど一切の処分をすることはできません。
 会員は貸与されたID等の使用、管理について一切の責任を負います。会員によるID等の使用方法の誤りや管理の不十分さにより、会員が何らかの損害を被っても、チャネルは一切責任を負いません。第三者によりID等が不正に使用された場合、チャネルは、当該ID等を管理する会員に本サービス利用料金を請求することができ、会員はこれを支払わねばなりません。
 会員は、ID等の使用管理に関し、不具合、異常、盗用、第三者の不正使用その他問題が生じた場合は、直ちにチャネルに通知せねばなりません。本サービスの利用に関して何らかの異常を発見した場合も同様とします。

第6条(利用料金)
 本サービスの利用料金については、本規約に定めるほか、チャネルが別途定める個別規程に基づき計算されます。
 会員は、定められた利用料金(必要な税金を含む)を定められた支払方法で期日までに支払わねばなりません。
 会員から支払われた利用料金は、理由の如何を問わず、一切返還されません。

第7条(本サービスの内容)
 本サービスは、会員に一定内容の情報の提供や特定のサービス利用方法を保証するものではありません。本サービスの内容は、情報の内容及び利用方法とも、チャネルが適宜設定します。チャネルの判断により、本サービスの内容が予告なく、従来提供されていたものから変更されることがあり、会員はこれを承諾します。チャネルは、事後的でも本サービスの変更につき、会員に発表あるいは通知しますが、それに伴う一切の責任は負いません。
 本サービスは、システムの保守点検、その他不測の事態のため、予告なくその提供を一時中断、停止することがあり、会員はこれを承諾します。チャネルは、事後的でも本サービスの中断、停止につき、会員に発表あるいは通知しますが、それに伴う一切の責任は負いません。

第8条(保証)
チャネルは、本サービスにおいて会員に提供される一切の情報について、それが正確であること等情報内容に関する一切の保証はしません。それらの情報をもともと有する者についても、情報内容に関し何らの保証をあたえるものではありません。

第9条(免責)
 チャネルは、会員が本サービスを利用したことに起因して被った一切の損害について、いかなる責任も負いません。本サービスで提供される情報をもともと有する者についても同様です。
   チャネルは、本サービスが何らかの理由で停止、中断しても、その理由を問わず、会員に対し一切の賠償責任を負いません。理由が、天災等の不可抗力である場合はもちろん、チャネルの運用するサーバー等の故障が原因である場合でも同様です。また、会員が、本サービスの利用ができないことの損害のみでなく、情報の滅失等の損害を被ったときでも同様です。

第10条(会員の責任)
 会員は、住所、氏名その他申込時にチャネルに登録した情報に変更が生じた場合は、チャネルに直ちに通知せねばなりません。チャネルは、会員が通知を怠ったことにより会員に生じた損害につき責任を負いません。
 会員は、本サービス利用にあたって、自らの責任で必要となるコンピューター等のハードウェアを設置し、各種通信サービスを利用して本サービスへの接続を行ないます。チャネルは、会員が利用するハードウェア及びソフトウェアの動作保証は行ないません。また、これらに要する費用は、会員の負担となります。
 会員は、本サービス利用に起因して、第三者に損害を与えた場合は、自らの費用と責任において処理解決することとします。

第11条(禁止事項)
 本サービスで提供される情報は、チャネル(あるいはそれらの情報をもともと有する者)が、知的財産権を保有するか、それを保有する者から適法に許諾を得ているものであり、会員は、方法を問わず、チャネルに無断で、第三者に情報を開示、提供したり、情報を複製したり、転載等することは一切できません。
 会員は、本サービスで提供された一切の情報につき、通常の内部的使用以外の目的に使用することはできません。ただし、チャネルが事前に承認した場合及び情報が公知のものである場合は、この限りではありません。
 会員は、会員の地位及び本サービスに関する権利を第三者に譲渡、貸与、質入する等の一切の処分をすることはできません。
 会員は、ID等の不正使用、他者の権利(知的財産、名誉、プライバシーなどを含む)を侵害する行為、犯罪等法令に反する行為、公序良俗に反する行為、本サービスの運営を妨害する行為、チャネル及び本サービスの信用を害する行為などを行なってはなりません。

第12条(事前承諾)
 チャネルは、本サービスに登録された情報が本規約に違反する場合、第三者の権利侵害の可能性がある場合、公序良俗に反する等の理由で不適切とチャネルが判断する場合、その他本サービスの適切な運営上必要があるとチャネルが判断した場合は、会員が本サービスに登録した情報の全部または一部を、本サービス内で複製、移動、削除、チャネルのデータベースへの蓄積等、必要な措置をとることができます。チャネルは、この措置を取る場合、会員への個別の事前通知はしません。会員は、これらのことを予め包括的に承諾し、チャネルの取る措置に対し異議を述べないものとします。
 チャネルは、会員の本サービス利用状況等会員に関する情報を、自ら利用あるいは本サービスへの情報提供者に利用させることがあります。また、そのために情報を収集、加工、蓄積等することがあります。チャネルはこの場合、会員への個別の事前通知はしません。会員は、これらのことを予め包括的に承諾し、チャネルの行為に対し異議を述べないものとします。

第13条(有効期間)
 会員資格は、第4条2項に定めるチャネルから会員へのID等の通知の発信時に発効します。
 会員資格は、その日から1年間有効です。
 有効期間満了の1ヶ月前までに、チャネルまたは会員のいずれか一方から本サービスの利用を終了する旨の通知がない場合は、会員資格は自動的に1年間更新されるものとします。以後も同様とします。
 会員は、本サービスの利用を止めようとする場合は、チャネルが別途個別に定める規程に従い、解約の手続きを行ないます。

第14条(会員資格の停止取消)
 チャネルは、会員が次の場合に該当するとき、会員への催告なく、当該会員の本サービス利用を一時的に停止したり、会員資格を一時停止あるいは取消することができます。
 
(1) 申込内容に虚偽があったことが判明した場合
(2) 本規約で定める禁止事項及び義務に違反した場合
(3) チャネルが会員として不適当と判断した場合
 前項の場合、当該会員は既発生の本サービス利用料金を支払わねばなりません。また、チャネルは、支払い済みの利用料金の返還は一切行ないません。

第15条(禁止事項違反に対する措置)
 会員が本規約で定める禁止事項及び義務に違反した場合、違反が起こりそうな可能性が高いとチャネルが判断した場合、その他それに準ずる行為でチャネルが不適切と判断した場合、チャネルは、それらの行為を差し止めるために必要な措置を取ることができます。
 違反をした会員は、それにより生じた問題を自己の費用と責任で、処理せねばなりません。チャネルが損害を被った場合は、当該会員にその損害を賠償請求します。その場合、前項の措置に必要な費用も、当該会員が負担せねばなりません。

第16条(準拠法)
本規約は日本法を準拠法とします。本規約に関して、何らかの疑義及び紛争が発生した場合は、日本法に則り解釈及び審理されます。

第17条(管轄裁判所)
本規約に関して紛争が発生し、当事者が自主的に解決できない場合は、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。


発効日 平成13年2月1日
戻る
Copyright(C) channel Inc. All rights reserved.