AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告 AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告
インフォメーション
@企業と広告とは
購読お申し込み
資料請求
会社概要
コピーライト/
プライバシーポリシー
ビジネスお役立ち情報
テレビスポット天気予報
民放各社系列別
テレビネットワーク図
年齢早見換算表
単位換算表
景品規制ガイド
お役立ちリンク集
テレビスポット天気予報
食品 夏本番に向けたキャンペーンに期待。
天候に左右されそうだが,めん系やアイスなどの商材が中心になる。銘柄としては日清食品やハーゲンダッツ,ロッテなど。
健康価値がヒットのキーワードで,各社から新たな提案が強まる公算もありそう。
飲料 最需要期を迎える。キリンビールの出稿が前年を上回る規模になる見込みで,RTD「氷結」,ビール「一番搾り」等で投下する。このほかアルコールは,サントリー,サッポロなども期待される。
清涼飲料は,エナジードリンクを投入するコーラがどう動くか。ヤクルトも堅調。
精密機器
家電AV
増税前のボーナス商戦期だが,大型出稿の動きは乏しい。共働き世帯に向けた高機能家電をはじめ,エアコン,薄型テレビ,スマホ端末,ノートPCといった商材に期待。
6月はサムスン電子, ファーウェイといった外資系メーカーがスマホで積極的に動いたが,継続性は微妙。
自動車 スズキの出稿が比較的大きな規模になりそう。ダイハツは月後半から期待,SUBARUにやや明るさも。
引き続き,トヨタは企業広告が中心。日産自動車もあるが,出そろわず。
輸入車は,ポルシェが今秋のイベント戦略を見直すが,出稿面での目立った動きは現状ない。
トイレタリー
薬品・化粧品
資生堂が期待されるほか,ライオンも復調気配。花王は底打ち・反転への期待が高まりつつあるが当月は不透明。
薬品は,ドリンク剤が需要期に入る。夏場に向け,アース製薬,池田模範堂。疾患啓発で5 月〜 6 月に初出稿したエドワーズサイエンスのような新規はなさそう。
ファッション
流通・小売
イオン,セブン‐イレブンといったレギュラー組が中心で,その他の目立った出稿はない。
転機を迎えたコンビニ各社に新たな動きが出てくるか注目したい。
ファッションはユニクロが中心で,夏のセール告知の出稿は限定的とみられる。ほかにニトリなど。
住宅関連
不動産
消費増税絡みの出稿に期待したい。
賃貸系は8 月頃から出稿が本格化する傾向で, 動きが出るのは少し先。
住設ではAGCが前年7月に社名変更で積極出稿したが,ひと頃のような動きは期待しにくい。
NTTアーバンソリューションズが事業開始にあわせて出稿。
金融・保険 銀行,生損保,証券の中で比較的期待されるのは保険。東京海上日動に動きがあるほか,大樹生命も継続的な動きに。
三井住友カードやビザワールドワイドといったキャッシュレス関連に期待。AIを活用した金融商品など,次世代型サービスが相次ぎ,新顔の出稿が始まる公算も。
レジャーサービス 携帯各社はドコモとソフトバンクが比較的堅調なもよう。
夏休みの集客増に向けた映画やレジャー施設など。
アプリ系サービスは新規銘柄に動きがあるが, ゲームは落ち込み傾向が止まらない。韓国系のCom2uS に期待。
参院選関連も。

戻る
Copyright(C) channel Inc. All rights reserved.