AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告 AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告
インフォメーション
@企業と広告とは
購読お申し込み
資料請求
会社概要
コピーライト/
プライバシーポリシー
ビジネスお役立ち情報
テレビスポット天気予報
民放各社系列別
テレビネットワーク図
年齢早見換算表
単位換算表
景品規制ガイド
お役立ちリンク集
テレビスポット天気予報
食品 ロッテをはじめ,江崎グリコ,森永乳業,ハーゲンダッツなど,初夏でアイスの出稿活発化が予想される。
前年大きかった明治なども。
全般的にヒット商品が乏しい中,提案型キャンペーンが期待される。
ニュージーランド産キウイが出回る時期のゼスプリも注目される。
飲料 盛夏に向けた動きが期待されるが,飲料各社の出稿規模は少ない。
こうした中,キリンは堅調でアサヒビールも出ている。
サントリーは今一つのようだ。
清涼飲料もキャンペーン数こそ多いが,出稿規模は大きくない。
炭酸のコカ・コーラや大塚食品などに期待。
精密機器
家電AV
前年は5月〜6月にシャープやパナソニックが積極的に動いたが,今回は目立った動きが現状なし。
家電市場をけん引する共働き世代に向けた提案が期待されるところ。
サムスン,ダイソンといった外資系の一部の出稿が予想される程度か。
アップルは前年ほどの元気はないようだ。
自動車 トヨタ,日産自動車は弱含み。
ダイハツやスバル,三菱等そろってはいるが全体的に登録車,軽ともに振るわない印象で,前年の規模が大きかったスズキは反動減か。
どちらかといえば,輸入車が上向く可能性がある。
銘柄はワーゲン,ボルボ,ベンツ,BMWなど。
トイレタリー
薬品・化粧品
資生堂が引き続き期待される。コーセーコスメポート,DHCも堅調。
P&Gは前年超えも規模はいま一つ。
ユニリーバが前年並み程度で,花王の出稿縮小傾向は変わらない。
ゼリア新薬が堅調。
商戦本番の日焼け止めや制汗剤,ボディーケアといった商材が動く。
ファッション
流通・小売
夏本番向けて流通大手の動きがどう出てくるか。
現状ではユニクロ,ニトリといった同じ顔触れで, その規模も大きくない見込み。
三井不動産商業マネジメントは例年通りセール告知で出稿する。
セブン−イレブン,ローソンなどのコンビニ各社も弱含み。
住宅関連
不動産
月前半のゴールデンウイークは,住宅各社の展示会の告知が中心となる。
銘柄としては旭化成や三井ホーム,住友林業などで,その出稿量は例年並みか。
業績が堅調な主要企業も多く,長谷工コーポレーション,オープンハウスなどの動向も注目される。
金融・保険 新年度入りの4月は大手生保などで動きがあったが,一時的で続かない。
とくに新たな動向はなく,レギュラー的に出稿しているソニー損保,メットライフ,チューリッヒなどが中心。
bitFlyer は前年5月が初出稿だったが,仮想通貨交換業の出稿は依然止まったまま。
レジャーサービス NTTドコモ,KDD I(au),ソフトバンクがそろって小さめ。
旅行関連でJRなど鉄道をはじめとする運輸のほか,オープンドアのようなサービス系も。
アプリはサイバーエー,ネクソン,エイミング,スマートニュース等。
グーグルも出る見込み。Indeed は小休止との観測も。

戻る
Copyright(C) channel Inc. All rights reserved.